読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おトクがいっぱい?エントリーは今がお買い得で安い時期♪

温故知新、謙虚にお酒に向かいたいと思います。家内はきつくて(アルコール度数が高いと言う意味です)酒らしいと言いますが、私には酒らしくないのです。完全に私はこの酒に飲まれてしまったようです。

早速ご紹介♪

2017年02月19日 ランキング上位商品↑

エントリー クーポン純米吟醸生原酒しぼりたて夢灯り720ml:【エントリーでP3倍&最大400円OFFクーポン】 ◆クール便専用 全国新酒鑑評会金賞受賞岩手の酒蔵あさ開 お返し ホ

詳しくはこちら b y 楽 天

酵母を使い分けると!こういう酒も造れるのですね。香り高い。美味しいです。冷蔵庫を開けたらあなたが居るじゃないですが。香りがよくうまみがすごいお酒です。昨年と火入れの過程で違いがあったのかなと推測したのですが!素人の当て推量です。お燗も良いけど冷酒も良い。今年モデルからは酵母を新しくしたとの事ですが…まだ、慣れていないからかな〜舌触りは前のほうが良かったかも?まぁ〜そのうち慣れるべ最近燗酒に凝っていて、同時に届いたあなたを忘れておりました。話の種に一度飲んでみる価値はあると思いました。ひな祭りの季節にぴったりのお酒かも知れません。今後も、応援しますので、おいしいお酒を作り続けてください。などと書き込んでいるうちに気持ち良くなってきました。あさ開の代表銘柄として昔から雑誌や書籍で紹介されているのももっともだと思います。あっという間になくなります。昨年も飲みましたが!すっきり飲みやすくバレンタインの晩酌に旦那も喜んでくれました。のどに引っかかる点が全くない。フロスティな桜色の瓶に似合う爽やかで飲みやすいです。とっても急だったにも関わらず、日付指定にも快く応じていただいて、無事に誕生日当日に祖父のもとへ届けていただきました。う〜んなぜだろう?予想通りというか、予想以上です。【追記】「夢灯り」の普通と生酒を飲み比べてみました。満足満足!今回も美味しくいただきました。昨年もこの飲み比べはやったはずなのですが、復習は大切です。次はどれを購入しようか?と検討中です。いくらでも飲めてしまいそうで!怖い酒です。グラスに注ぐとほんのり色づいてます香りがものすごく華やか!味も吟醸ですが淡麗ではなく!しっかりお米の味がしますかなりのレベルです。このお酒が怖いのは後を引いて、ついつい切り上げ時を忘れてしまうことです。なぜか、急にアイスクリームが食べたくなり食べています。うまいですね。うまいなあ!こんな酒が飲める自分は幸せ者だと思います。商品紹介に偽りなしです。飲み過ぎて訳が分からなくならなければレポート致します。これなら飲めるといっていました。日本酒が苦手な友達にも味見してもらいました。うれしい出会いです♪これでこのお値段ですよ?!是非購入をお勧めします自分も追加購入します!!ほんまに飲んでみて〜♪♪優しいおいしさなんですね。もちろん生酒はアドバンテージがありますから優れている点はいくつもありますが、普通の「夢灯り」もそれなりに素晴らしいと改めて感じました。じきに1本空いてしまいました。中でも生酒は傑出した旨さです。お財布に余裕が無いのに!先月から美味しそうなお酒の案内が立て続けに…「クレジットカード」という魔法のアイテムが大活躍中! orzアルコールは白ワイン!アイスワイン貴腐ワイン!辛い酒ダメダメ人間の自分にピッタリの日本酒!だから「あさ開」と言ったら「夢灯り」ご飯のお供に「夢灯り」(←同類項ね)My Favorite Sake「夢灯り」甘くて…香り高くて…日本酒というよりも…これは「ライスワイン」です。「人!酒を飲み 酒!人を飲む」などと言いますが!この酒は人を飲む酒です。祖父もとっても喜んでいたようです。飲み終わって、満足し、ちゃんと歯を磨いて寝ました。昨年の「夢灯り〈普通〉」に比べ!今年の「夢灯り」は非常によい出来で!昨年感じた「のどに引っかかるような瑕瑾」というようなものは全く感じられず!「夢灯り・生酒」に全く遜色が無いと言って良いように感じました。杜氏さんという職人は!手品師ですね。とても美味しいかったです、来年は早めに注文をしたいと、日記に書きました。女性にうける味です。あんまり旨そうに私が飲んでいるので!家内も珍しく「私も一杯頂こうかしら」などと言い出しました。〈ひょっとすると続く〉。もう一回飲みたくて!再注文しました。このお酒は吟醸ケーキに使われているものですが、お酒として飲んだことがありませんでした。日本酒好きの祖父の誕生日に数年前にあさびらきさんのお酒を贈ってとってもよろこんでもらって以来、毎回なにかの記念日にはあさびらきさんの日本酒を祖父に贈っています。口当たりが良くて、うまくて止まらない。軽い。幸福な眠りでした。林檎の香りがします。超・芳醇です。ともかく今年の「夢灯り」は普通・生とも上出来であると私は思いました。やばい!やばい!かなりやばい!これは、かな〜りうまいです!チョット油断してました。「スッキリ」という言葉はこの酒のためにあるような気がします。届いて直に飲まずに!風呂上りに軽く一杯いきました。火入れしていないということで、開けたらすぐに飲みきらないといけませんが、安心してください。良いですね。震災に負けず、おいしいお酒を造り続けることに、頭が下がります。今回は誕生日にこちらのお酒を贈りました。とうとう全部開けてしまいました。まだ飲んでいないようなので!また飲んだ後の感想を聞いたら追記します。昨日も!今日届く酒のために冷蔵庫のスペースを空けなければと!屁理屈をつけて飲み始めたら!これが止まらないのです。思わず開けて再会を果たしました。男の私などが頂くのは畏れ多いような優しい飲み口です。前回飲んだ、火入れをした「夢灯り」の瑕瑾(かすかに喉に引っかかるような感じ)が解消されているだけでなく、正に類の無い酒です。あと一本残っていますので、生酒でない「夢灯り」と「夢灯り・生酒」を比べてみたいと思っています。とても!フルーティーでおいしかったです。瓶もピンク色でとても春らしいしとても飲みやすく美味しいお酒です。こういう酒を女性と飲みながら、口説いてみたいなどと妄想する、バレンタイン前夜でした。